忍者ブログ

ニュースNewsにゅーす

芸能・エンタメ・事件・社会など様々なニュースを取り上げていきます。

2017'11.25.Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'10.01.Mon
擦り傷や切り傷などのケガをした場合
あなたはどんな手当てをしていますか?

消毒してガーゼや吸収パッド付絆創膏(カットバン)など
をケガの部分に当てるという手当てではないでしょうか?

この手当ての仕方は最近の流れでは
どうやら違うそうです。

ではどのような傷の手当てをするかというと…

創傷(特に擦過傷)や熱傷などの皮膚潰瘍に対し、
「消毒をしない」「乾かさない」「水道水でよく洗う」
を3原則とした療法での手当てをするそうです。

この治療法は湿潤療法(しつじゅんりょうほう)、閉鎖療法、
潤い療法(うるおい療法)などと呼ばれています。

消毒はせずに傷を水でよく洗う
傷を被うように少し大きめのラップをあてて、
縁をテープで留める。(できれば隙間を残しておくとよいそうです)
毎日傷を水洗いし、ラップを交換を繰り返す。

こうすることで傷の治りも早く、
かさぶたもできないんだそうです。
PR
trackback
この記事のトラックバックURL:
[63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53
«  BackHOME : Next »
東方神起特集
チェック!!
CD・DVDお届けレンタル
ブランド
バーコード
ブログ内検索
プロフィール
HN:
はな
性別:
非公開
最新CM
アクセス解析

ニュースNewsにゅーす wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]