忍者ブログ

ニュースNewsにゅーす

芸能・エンタメ・事件・社会など様々なニュースを取り上げていきます。

2017'08.17.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'09.07.Fri
先日、奈良県橿原市の妊婦が転送先の病院が決まらず死産した
問題がありましたが、大阪でも昨年7月に、
産気づいて救急搬送を依頼した妊婦が19病院に受け入れを断られ、
病院が見つからないまま自宅で出産していた
ということがあったそうです。
通常は産科でも2、3回の依頼で受け入れが見つかるのだそうで
今回の場合は特殊なケースだと消防局はコメントしているそうです。

北海道でも…
北海道の札幌市でも昨年1年間で妊婦ら女性5人が救急搬送中に
病院から受け入れを拒否されていたそうです。
5人とも産婦人科のかかりつけ医はいなかったそうです。

千葉県でも…
昨年1月から今年7月にかけ、救急搬送中に病院への受け入れを
1回でも拒否されたことがある妊婦と妊娠の可能性のある女性が
45人に上ることがわかったそうです。
このうち6人は5回以上拒否され、最多で16回拒否された
という妊婦も…。


なぜ病院はかかりつけ医のいない人を拒否するのか?
かかりつけの医者がいない妊婦さんは
その妊婦さんの状態などの情報
(赤ちゃんの大きさ・逆子であるかどうか・感染症の有無など)
が全くないため責任が取れないので嫌がれている
という理由もあるようです。

またかかりつけ医のいない妊婦で緊急搬送されてくる人に
出産費用を踏み倒したり、赤ちゃんを病院に置き去りにする
といった例が多いそうでこれも拒否される原因のようです。

こういった妊婦の質も問題ですが
やはり、緊急の時に医者にかかれないという医療体制も
問題ですよね。


PR
trackback
この記事のトラックバックURL:
[39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29
«  BackHOME : Next »
東方神起特集
チェック!!
CD・DVDお届けレンタル
ブランド
バーコード
ブログ内検索
プロフィール
HN:
はな
性別:
非公開
最新CM
アクセス解析

ニュースNewsにゅーす wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]